MY ALFOO 2017

Allie loves fate on occasion.

「人生一度きり」をルールに採用したら

少しずつ歪みはじめた。



不正とかいてゆがみか

昔の人は賢い




人生一度きりだから

ある日今まで手を出したこともなかった

ブランド物を買った

金額、給料3ヶ月分くらいの



でも1日で落としちゃった



そして

人生一度きりだから

新しいものを買い直した

給料7ヶ月分くらいの、

今度はなくさないように、




さらに

人生一度きりの私のお財布は

別に今の生活に困らなければいいんだからと開いたままで

自分の年収を平気で一括で払い

また欲しかった物を買って

そして

それで

そうだ



満足していないから

こうしてここに綴っている。




いつか、何でこんなの買ったんだろうって

思う日がくるのかな

その時は笑うのかな、悔やむのかな



明日、家がなくなって

無駄遣いをしたと思う?

明日、命がなくなって

使っておいてよかったと思う?


明日なんにもなくて

1年、2年、…10年経って

こんな買い物したことなんて

大した出来事にならないのかな




ホントウは

お金もモノも、どっちでもいいんだ。


なぜだかわからないけど

ほしくなって

なぜだかわからないけど

手に入れた


なぜだかわからないけど

こうなってしまっただけだ

やる気ゼロ

いい意味で。



虚無。


なくなってしまいました

私が執着するものが。




見たい夢がなくなって

早く眠る理由がなくなりました。




充電が長持ちするのは

スマホで調べたいものも

電車で毎日みていた情報も

なくなったから。




本屋さんに立ち寄らなくなったのも

おなじ。




ずっと執着して

ずっと楽しんで

ずっと楽しみだったから




記憶も、悲しみももうないんだけど




時間と、体だけ残ってしまった。

だめだった

心が死んだ


別に死ぬのはじめてじゃないけど


別に生き返るけど



私の中から

向上心も罪悪感も無くなりました



未来への期待と一緒に消えたのは思い出でした






すっっっっっっっごい辛いわ。


愛してる人にふられたときの方がましだね

ショック

なんで今……



ずっと信じていたものが

間違っていました



でも、さ。

やっぱり起こるすべての出来事に

無駄なことはないとおもうし

ベストなタイミングでくるとおもう。



見たかったものより

見たくなかったものが先にでただけだ


それで辞めるほど私のチームは弱くない

諦める理由にもならない


遠ざかる現象ひとつ見るより

今までたっくさん増やしてきた

成功する理由を思い出す



目に見えると辛いのはただの私の作ったルールだ

辛くないと決めたら辛くない

誰かにこう思われる、それもただの私の作ったルールだ

今廃止して、誰にも何にも思われない、を適用する

見えるものを優先して信じてしまうのはただの私の癖だ

間違ってたから辛いのはただの私の思い込みだ

ここから叶える

余計に叶えたくなった!とても傷付いたから!

何度でも決め直す。



私がここまで来たのは

ここが正しいと思ったから。

そしてここまで来れたのは、

ほんとに正しいから。

はじまった

ドキドキして

わくわくして

そして

こわくなった


鼻の奥がツーンとしてきて

私のチームの皆さん不安なのがわかった


でも大丈夫

大丈夫って決めたから。


ほしいって決めてました!

私こうなるって決めました!

手に入るって決まりました。


別におそれまくる必要はない。

準備が整ったからいよいよ見えるだけ☆



こわいよね

不安でいいよ

だってずっと憧れだったから


でも嬉しくて楽しみだよね

だってずっと憧れだったから

fairy tale

ひとつの世界にみんなが暮らしてるんだ

と思ってたけど

自分の世界に自分が暮らしてる

だけなのかもね



昔から

この赤色は他の人にも同じ赤色に見えてるのかな?

この赤色はお母さんにとっては青色なんじゃないかとか

私にとっての赤色とお姉ちゃんにとっての黄色が

もしかして同じ色なのかもしれないとか

考えたりしてたけど



そもそも

私の世界に私が暮らしていて

お母さんやお姉ちゃんという登場人物がいるだけで

お母さんという人物は

他の人から見た世界に存在しないかもしれないし、

お姉ちゃんという人物は確かに存在するけど

お姉ちゃんもまたお姉ちゃんの世界を持っていて

そこに私が存在するとは限らないんじゃないかって

思うようになった



父と母から産まれる、

義務教育を受ける、

こんなルールも私が作ったもので

歴史上の発明家、世界中の哲学者、

ここは地球でここは日本、

こういうストーリーも私が作ったもの



今になってみれば

恋人には恋人の世界がある

親友には親友の世界がある

私が彼らを大切に想っているのは

私の世界でのおはなし



そうだとしたら

人目なんてどうでもよくなった

だれにどう思われるかも

私の世界では私の判断だから。



まわりに いいなー って思われるより

友達に 素敵だね って褒められるより

私は私のやりたいことを

私は私のほしいものを。

Nの日

今日からNの日。

昨日はいい1日だった。


宝くじが当たった人の共通点は

宝くじを買ってた人で

流れ星を見られた人の共通点は

夜空を見上げてた人。




私は変わってるし

私は変わってたから

そう思われてると知ってたし

何も思われたくないから消えてみたけど

そうでもないんだな。


ごめんね、じぶん。


私を一番傷付けてたのは、
たぶん私だ。




Nの日に気付けたこと、

何かの縁だとおもうから。


ありがとね。


ありがとう。